口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 歯磨きのやり過ぎも口臭の原因になる?

歯磨きのやり過ぎが口臭の原因になる理由

口の中を清潔に保つ事ができれば口臭を抑える事ができると思い込んでしまっている方も多くいると思います。

確かに口臭対策の基本は歯磨きからとも言われています。

口の中の雑菌も口臭の原因になり、歯磨きなどをしてこの雑菌を除去する事ができれば口臭を抑える事ができます。

しかし、口の中の清潔を意識しすぎてしまうと口臭を発してしま可能性もあるのです。

口の中を清潔に保とうと必要以上に歯磨きをしてしまうと口の中の唾液が一緒に洗い流されてしまいます。

この唾液ですが口臭を抑える際にとても重要な役割を担っているのです。

唾液がなくなる事で口の中も乾燥しやすくなってしまい、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

雑菌が増える事で口臭はいつもよりもきつくなるので注意が必要です。

そして、もうひとつ唾液には重要な役割があります。

それは口の中の雑菌を除去してくれる抗酸化作用があり、口の中に唾液があるだけで口臭の原因を退治してくれます。

歯磨きをしなくても唾液がある事で口の中を清潔に保つ事ができます。

分泌量を増やして口の中の清潔を保つ

口臭が気になって食後に毎回歯磨きをしている方は歯磨き粉をつけてしっかり歯磨きをする事は避け、着いた汚れや食べかすを落とす程度の軽い歯磨きにしましょう。

また、食後の口の中は酸性の状態なると言います。

口の中が酸性の時は歯は溶けやすく、歯磨きをしてしまうと歯が削れてしまうというデメリットもあります。

歯磨きは基本、朝と夜にして食後はうがいなどをおすすめします。食後に歯磨きをする際には先ほども述べたように歯磨き粉は使わず軽くブラッシングをして汚れや食べかすをとるようにしましょう。

歯磨きをしなくても上記でご紹介したように口の中の唾液の分泌量を増やす事で口臭を抑える事ができます。

ガムを噛むなどして唾液を増やす事ができれば口の中の清潔を保つ事ができるので歯磨きで口の中の清潔を保つよりも口の中の唾液を増やす事を意識して口臭対策をするといいでしょう。

⇒唾液の分泌量を増やして口臭予防