口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > ドライマウスを防いで口臭対策

口の中が乾燥するドライマウス

口の中が乾燥しやすい方はドライマウスの可能性があります。

口の中が乾燥してしまうと口臭がきつくなる可能性があるので注意が必要です。

現在、口臭対策をしているという方は口の中の乾燥を防ぐという事も大切になってきます。

通常ですと口の中には唾液があるわけですが、乾燥してしまうと唾液はなくなってしまいます。

この唾液ですが口臭を抑える重要な役割を担っているのはご存知でしょうか。

唾液には口の中をキレイにしてくれる効果があり、口の中の雑菌を退治してくれます。

雑菌は口臭の原因になるものなので口の中の雑菌をなくすことで口臭を抑える事ができます。

しかし、ドライマウスの影響で口の中が乾燥してしまい唾液の量が減ってしまうと雑菌はみるみる繁殖していきます。

よく朝起きた時は口臭がきつくなるという話を聞きますが、これは寝ている時は口の中が乾燥しやすいためです。

寝ている間は口の中が乾燥してしまい唾液の量が減ってしまうため口の中の雑菌が増殖しているため朝起きた時は口臭がきついと感じます。

口の中の唾液を増やす方法

ドライマウスを防ぐためにも口の中の唾液を増やす事が重要になります。

最も適している方法は水分をしっかり摂るという事です。

細目に水分を補給し、口の中の乾燥を防ぎましょう。

他にもガムを噛む事で唾液を増やす事もできます。タブレットガムには唾液を増やすだけではなく、ミントなどの香り成分も含まれているので口臭対策には適しているものになります。

また、唾液腺を刺激する事でも唾液を増やす事ができます。

舌を左右に動かしたり頬の辺りを上下にマッサージすると唾液腺が刺激されて唾液の分泌量を増やす事ができます。

このような方法で唾液を増やす事ができるので、口の中が乾燥しているなと思った時は実践してみましょう。

冒頭でも述べましたが口臭対策をする上で抗酸化作用がある唾液は重要なものになります。

現在、口臭対策をしている方は唾液の分泌量を増やす事も意識して対策をしてみてください。