口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 食後の口内ケア

食後は口の中が酸性になる

口臭が最も気になるのが食後だと思います。

食事したものが原因で臭う事もありますし、口の中にある食べかすが臭いを発してしまう事もあります。

ここでは口臭対策をする際に気を付けたい食後の口内ケアについてご紹介しています。

口臭がきつくなる時は口の中が酸性の状態なっている時だといいます。

食後は口の中が酸性になりやすく、この酸性になっている時間を短くする事で口臭を抑える事ができると言います。

理想的な口内環境は中性の状態になり、口の中が中性の時は口臭はなくなります。

食後に歯磨きをするのはNG?

では、口の中の状態を酸性から中性にするにはどうすればいいのでしょうか。

口臭対策としてよく食後に歯磨きをする方がいます。

食後に歯磨きをする事は間違っていないのですが、歯磨き粉を付けてゴシゴシ歯磨きする方法はNGになります。

口の中が酸性の時に歯磨き粉を付けてゴシゴシ歯磨きをしてしまうと歯を薄くしてしまう可能性があります。

食後の口の中は酸性になっていると先ほど述べまし。酸が歯を溶かしている状態になり、ゴシゴシ歯を磨いてしまうと歯の表面のエメナル質を剥がしてしまう事になり歯を薄くしてしまう事になります。

ですので、食後の歯磨きはなるべく避け、歯磨きをするとしても歯磨き粉を使わないで水で軽く擦って食べ残しや汚れを落とし、しっかりすすぐようにしましょう。

食後の口内ケアで最もお勧めする方法

食後の口内ケアで最もお勧めする方法はマウスウォッシュを利用して口の中を洗浄する事です。

マウスウォッシュ以外にも水ですすぎを行うだけでも効果は十分で、口の中の状態を酸性から中性に戻す事ができます。

そして、口の中のすすぎが終わったらシュガーレスガムなどを噛むとより良いでしょう。

ガムには口の中の唾液の分泌量を増やす効果を期待する事ができます。

唾液には口の中を洗浄してくれる役割があるので臭いの元になっている菌を退治してくれますの口臭をしっかり抑える事ができます。

現在、口臭対策を行なっている方や食後の口臭が気になるという方は上記でご紹介してきた事を参考に食後の口内ケアをして頂きたいと思います。