口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 口の臭いが気になる時の対処法

口臭の種類によって対処法が変わる

口臭には大きく分けて2つの種類に分けられます。

ひとつは口の中の菌が原因で起こる口臭。もうひとつは内臓からくる口臭です。

口臭の種類によって対策も変わってきます。

ここでは口の臭いが気になる時の対処法を口臭の種類に分けてご紹介しています。

口臭が気になるという時に参考にして頂きたいと思います。

口の中の菌が原因で起こる口臭の対処方法

まずは口の中の菌が原因で起こる口臭の対処方法です。

口の中に菌が繁殖しやすい時は食べかすがある時や口の中が乾燥している時になります。

口の中の菌の繁殖を防ぐ事ができれば口臭を抑える事ができますので口の中を清潔に保つ事は必須になります。

食事の後に歯磨き欠かさない、うがいや水分補給をして乾燥を防ぐ事が大切になってきます。

他にも口の中の唾液の分泌量を増やす事も口臭対策になります。

唾液には抗酸化作用があり、口の中の菌を退治してくれます。

ガムを噛んだり、唾液腺を刺激してあげる事で唾液の分泌量を増やす事ができるので口臭が気になっている時にはガムを噛んだり唾液腺を刺激して唾液分泌量を増やすといいでしょう。

内臓からくる口臭の対処法

次は内臓からくる口臭の対処法です。

昼食に臭いがきつい食べ物を食べた、前日にお酒を大量に飲んだ、こんな時に気になるのが口臭です。

口臭は自分では気付く事ができないので知らないうちに周りの人を不快にさせている可能性も考えられます。

このように臭いがきつい食べ物を食べた時やお酒の臭いの口臭対策は身体の中で対策をしなければなりません。

この時に把握していてほしいことは口臭を消してくる食べ物です。

食べ物の中には口臭を抑えてくれる効果が期待できる食べ物があります。

代表的なものでいえば、

・生野菜
・ヨーグルト
・フルーツ
・ガム

です。

臭いがきつい食べ物を食べている時や食べた後に上記でご紹介した食べ物を食べる事で内臓からくる口臭を抑える事ができます。

また、腸内環境を整える事も口臭対策をする事ができます。

腸に溜まった老廃物が原因で口臭を発している事もあります。

腸に溜まったガスなどはおならとして外に出されますが、すべてのガスがそういうわけでなはくガスの一部は胃などに逆流したり、血液に溶け込んで肺から呼吸として出される事もあり、これが口臭になってしまいます。

内臓からくる口臭を対策する時は口臭を消してくれる食べ物を積極的に食べる事や腸内環境を整える事で口臭対策をする事ができます。