口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 正しい歯磨きで口臭対策

口臭対策の基本は歯磨き

口臭対策をする上で歯磨きをしっかり行う事は当たり前になります。

口の中にある食べかすなどが原因で口臭を発する事もあり、食べかすを取り除く、口の中を清潔に保つためにも歯磨きをしっかり行う事は大切になります。

基本的には食事後に歯磨きをする事が良いとされています。

現在、口臭対策を行なっている方の中には食事後にしっかり歯磨きをしている方も多いと思います。

しかし、歯磨きの方法を間違ってしまうと逆に口臭を発してしまったり、口臭が余計にきつくなったりする事もあると聞きます。

口臭対策を行う際には正しい歯磨き方法を身に付ける事が大切になってきます。

ここでは正しい歯磨き方法をご紹介しています。

現在、口臭が身になっている方や口臭対策を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

歯磨きをする理想的な時間は10分間

口臭の原因は様々あると言われていますが、その多くは口の中の菌が繁殖し、菌が原因で口臭が発せられているといいます。

口の中の菌を繁殖させないためにも口の中の清潔を保つ事が大切になります。

口の中の清潔を保つには歯磨きの方法が重要になってきます。

歯磨きをする際、歯をキレイにする事だけではなく、歯茎や歯と歯の間に詰まった汚れもしっかり取る事を意識しなければいけません。

歯磨きをする理想的な時間は10分です。

多くの方が歯磨きをする時間は5分以内になると聞きます。

時間をかけて歯、歯茎をキレイにするには10分くらい時間をかけて丁寧に歯磨きをする必要があります。

食べかすや汚れを放置すると歯石になる

食べかすを放置していると、やがて歯石になってしまいます。

歯石も口臭を発する原因になるので、歯石にならないうちに食べかすや汚れは取り除く事が大切です。

歯磨きをするタイミングは食後と寝る前が良いとされています。

歯磨きをする際も力を入れすぎないで、優しく小刻みに動かした方が汚れはしっかり取れると言います。

前歯は歯ブラシを縦に持って歯を磨いていきます。奥歯は歯ブラシを横にもって磨いていきます。

鏡を見ながら1本1本丁寧に磨いていきます。

このように1本1本丁寧に磨く事を意識していれば、口の中の食べかすや歯垢などをしっかり取り除く事ができ、口の中を清潔に保つ事ができます。

ガムを噛んで唾液の分泌量を増やす

もし、食事後に歯磨きをする事ができない場合は、ガムなどを噛む事をおすすめします。

ガムを噛む事で口の中の唾液の分泌量を増やす事ができます。

唾液には抗酸化作用があり口の中の菌を退治してくれます。

唾液の分泌量を増やす事で口の中を清潔に保つ事ができるので歯磨きができない場合はガムを噛んで唾液の分泌量を増やす事をおすすめします。