口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > タバコ吸っている方の口臭対策

タバコの臭いは不快になる臭い

タバコを吸っている方は周りの人から一度は口が臭いと言われた事があるのではないでしょうか。

タバコの臭いは吸わない人にとっては非常に不快になる臭いだと言われています。

現在、口臭対策をしている方の中にも喫煙者はいると思います。

一番いい事はタバコをやめる事ですが、なかなか禁煙をする事ができないという方も多くいると思います。

ここではタバコを吸っている方の口臭対策をご紹介しています。

タールとニコチンが口臭の原因

タバコにはタールとニコチンが含まれています。これが口臭の原因になります。

よくタバコを吸っている方はヤニ臭いと言われますがこれはタールとニコチンが原因になっています。

タールやニコチンが歯や舌に染み付き、口臭を発する事になります。

また、ニコチンには口の中を乾燥させてしまう作用もあります。

口の中の血の巡りを悪くし、唾液の分泌を減らしてしまいます。

唾液には抗酸化作用があるので口臭を抑えてくれる働きがあるのですが、唾液の分泌量が減ると口の中は乾燥しやすくなり、菌も繁殖しやすくなりますので口臭は増々きつくなります。

乾燥している口の中にニコチンやタールが加わるとより口臭は臭くなります。

タバコを吸っている方の口臭対策方法

タバコを吸っている方の口臭対策方法は、口の中をキレイにする事を心がける事です。

口の中をキレイにするといってもしっかり歯磨きをするという事ではありません。

歯磨きをしても歯や舌に染み付いたニコチンやタールをキレイに取る事はできません。

歯医者に定期的に通い、口の中のヤニを取り除く事をおすすめします。

また、口の中の唾液の分泌量を増やす事も心掛けましょう。

上記でご紹介しましたが、タバコを吸う事で口の中は乾燥してしまいます。

乾燥すると口臭は増々きつくなるので、水分補給をする、ガムを噛むなどして唾液の分泌量を増やしましょう。

唾液の分泌を増やす事で口の中をキレイにする事ができます。

ガムなどには消臭成分や香り成分も含まれているのでタバコの臭いを抑える事もできます。

このようにタバコを吸っている方は日頃から口の中をキレイにする事を心がける事が口臭対策になります。