口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > お酒を飲んだ時の口臭対策

お酒の臭いは人を不快にさせる

会社の付き合いや友人、知人の付き合いでお酒を飲む事が多くある方も多いと思います。

お酒を飲んでいる同士はお互いのお酒の臭いを感じる事は少ないですが、お酒を飲んでいない人にとってお酒の臭いは不快にさせてしまいます。

お酒の臭いにプラスして食べ物の臭いやタバコの臭いも混ざるとそれは人を不快にさせてしまう口臭になってしまいます。

ですので、お酒を飲む時にはできるだけお酒の臭いを発しないよう対策をする事が大事になってきます。

ここではお酒を飲んだ時の口臭対策についてご紹介しています。

お酒を飲む前から口臭対策

まずはお酒を飲む前に対策できる事からご紹介していきます。

飲み会などの多くが事前に決まっているのでその飲み会に合わせて対策をする事ができます。

お酒を飲む前に豆腐や豆乳といったたんぱく質の食べ物・飲み物を摂取するとアルコールの分解機能が高まります。

アルコールが分解されやすいとアルコールの臭いも抑える事ができます。

飲み会当日はお昼ごはんや飲み会の前にこういった食べ物を積極的に摂取する事をおすすめします。

また、最近ではウコンやオルニチンと言ったドリンクやサプリもお酒を飲む時の必須アイテムになっています。

ウコンやオルニチンには肝機能を高めてくれる効果があるのでアルコールが分解されやすくなり、口臭を抑える事ができます。

他にも肝機能を高めてくれるという事で二日酔い対策にもなりお酒を飲む際にはウコンやオルニチンと言ったドリンクやサプリを飲む事もおすすめできます。

お酒を飲んでいる最中にできる口臭対策

次はお酒を飲んでいる最中にできる口臭対策です。

お酒を飲んだ時の口臭の原因はアルコールの中間代謝物質のアセトアルデヒトになります。

このアセトアルデヒトは血液や肺を通して口から発せられ口臭になります。

また、口臭だけではなく身体全体からも臭いを発してしまうと言います。

そして、お酒には利尿作用があり、体内の水分をどんどん奪っていきます。

体内の水分が少なくなってしまうと、もちろん口が渇く事になります。

口が渇く事によって口の中の抗菌作用があると言われている唾液の分泌量も減ってしまうので生理的口臭も強くなってしまいます。

このようにアセトアルデヒトと生理的口臭が重なってしまい口臭の臭いもきつくなります。

この時の対策方法としては水分補給をしっかり行う事が挙げられます。

理想的にはお酒と同じ量の水を飲むと良いでしょう。

水に含まれているミネラルにはアルコールの分解をサポートする効果が期待できます。

上記でもご紹介しましたがアルコールの分解が早ければ早いほど口臭も抑える事ができます。

そして、体内の渇きも防ぐ事ができ唾液の分泌量も増やす事ができますので口臭を防ぐ事ができます。

他にも口臭予防のタブレットなども頻繁に使用するようにしましょう。

口臭予防のタブレットには消臭成分が配合されている物が多いのでしっかり口臭対策をする事ができます。

お酒を飲む時の口臭対策で重要な事

上記でご紹介してきた事をまとめるとお酒を飲んだ時はアルコールの分解をサポートしてくれる効果がある食べ物・飲み物を摂取する事と水分補給をしっかり行う事が重要になってきます。

冒頭でも述べましたがお酒を飲まない方にとってお酒の口臭は不快にさせてしまいます。

上記でご紹介してきた事を参考にして頂く事でしっかり口臭対策をする事ができるので是非、試してもらいたいと思います。