口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 内臓から発せらる口臭の対策方法

内臓から発せらる口臭どう対策すればいい?

口臭には口から発せられる臭いと、胃や腸といった体の中から発せられる臭いの2種類があります。

口の中の臭いを抑える際には、唾液の分泌を増やしたり、舌磨き、ストレスを溜めない、という対策方法があります。

⇒唾液の分泌量を増やして口臭予防
⇒舌磨きで口臭を予防する
⇒ストレスも口臭の原因

では、胃や腸といった体の中から発せられる臭いはどうやって対策をしていけばいいのでしょうか。

ここでは体の中から発せられる臭いの対策方法をご紹介しています。

逆流性食道炎が原因で口臭が発せられる

胃から発せられる臭いの原因は胃の弁の機能が低下している事が挙げられます。

通常、胃と口は弁によって塞がれています。

弁によって塞がれているのでゲップを除いては胃の臭いが口に上がってくるという事はありません。

しかし、この胃を塞いでいる弁の機能になにかしらの障害が生じてしまうと胃から臭いが発せられて口臭になってしまう可能性があります。

弁の障害と言うのは逆流性食道炎になります。

この逆流性食道炎という名前を聞いたことがある方も多いと思います。

逆流性食道炎の症状は胃液が食道に逆流する病気で胃液が口まで上がってきてしまいます。

胃液には胃酸や胃の内容物が含まれており、きつい臭いが含まれている場合があります。

これが口から発せられると口臭になってしまいます。

胃が原因で口臭が発せられている時は逆流性食道炎を治すという事しか対策方法はありません。

病院に行き、医師の診断を受けましょう。

腸内環境を整えて口臭対策

腸から発せらる臭いの原因は腸に溜まったガスだと言われています。

腸で溜まったガスは通常おならで体外に出されますが、ごくわずかのガスを血液が吸収してしまい、そのまま肺に運ばれる事があります。

そのガスが呼吸をした時に口から出てしまうため口臭になってしまうのです。

臭いがきつい食べ物(にんにくやネギ、ニラなど)を食べた時に次の日も口臭が臭くなるのは腸のガスが原因になっていると言っていいでしょう。

対策としては腸内環境を整えてくれる食べ物を積極的に食べる事です。

腸内環境を整える事で腸内では善玉菌が増えて悪玉菌を退治してくれます。

その結果、腸にガスが溜まりにくくなり口臭を防ぐ事ができます。

生野菜やヨーグルト、フルーツは腸内環境を整える効果が期待できる食べ物になるので口臭対策をする際にはこれらの食べ物を積極的に食べるといいでしょう。

⇒口臭を消してくれる食べ物