口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > ストレスも口臭の原因

ストレスも口臭の原因になる

口臭対策をする際に唾液は重要なものになります。

唾液には抗酸化作用があり、口の中の臭いを消してくれます。

唾液の分泌量を増やして口臭予防

この口臭を抑えてくれる役割がある唾液ですが、自律神経が唾液の分泌をコントロールしています。

ストレスを抱えている方は自律神経が乱れやすいため、唾液の分泌量を減らしてしまいます。

その結果、口の中の臭いを抑えてくれる唾液が減ってしまうので口臭が発生しやすくなってしまいます。

このように口臭対策をする際にはストレスを抱え込まない事も大切になってきます。

日常に運動を取り入れるなどして自己流のストレス発散方法を見つけ、ストレスをしっかり発散させる事も必要になってきます。

脳や身体がリラックス状態になると自律神経が正常になり、唾液の分泌量も増えるので脳と身体がリラックスできる事を取り入れるのもいいでしょう。

読書やアロマテラピー、音楽鑑賞などは脳をリラックスさせる効果があり、ストレス発散の効果も期待する事ができます。

自律神経の乱れが唾液を減らす

ストレス以外にも緊張や生活習慣の乱れも自律神経を乱してしまう原因になります。

よく緊張をすると口の中がカラカラになるという事がありますが、これは緊張する事で自律神経が乱れ、口の中の唾液の分泌が減ってしまうため口の中が乾いてしまうのです。

口の中が乾いている時は細菌も繁殖しやすくなってしまうため、口臭がきつくなる可能性があります。

口の中が少しでも乾燥していると感じた時は水を飲んで口の中を潤す、ガムやアメを食べて唾液の分泌量を増やすようにしましょう。

ガム等には唾液腺を刺激する効果があるので唾液の分泌を増やす事ができます。

口臭とストレスは関係ないと思われがちですが、上記でご紹介してきたように自律神経が乱れる事で唾液が減ってしまい、口臭を発してしまいます。

先ほども述べましたが、口臭対策を行なっている方はストレスを溜めないようにしましょう。

口臭は自分ではなかなか気づく事ができない事なので日頃から対策をする事が大切になってきます。