口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 舌磨きで口臭を予防する

正しい舌磨き方法を身に付ける

歯磨きをするように舌磨きも口臭を予防するのに有効です。

舌は口の中でも最も雑菌が繁殖しやすい場所だと言われています。

舌の表面にある舌苔(ぜったい)が臭いを発っし、これが口臭の原因になる事もあります。

舌磨きを行ない、舌苔をキレイに除去する事ができれば口臭を防ぐ事ができます。

しかし、間違った舌磨きをしてしまうと逆に口臭の原因にもなってしまうので正しい舌磨き方法を身に付けましょう。

ここでは口臭対策のひとつ、舌磨きについてご紹介しています。

専用のブラシを利用する

舌磨きをする際、歯磨きと一緒にしたいからといって、歯磨きブラシでそのまま舌も磨いてしまう方もいますが、これは間違った舌磨き方法になります。

舌は敏感で歯ブラシで擦ってしまうと舌の表面にキズがついてしまう恐れがあります。

舌磨きをする場合は、歯ブラシではなく舌磨き専用のブラシを使用して舌磨きを行ないましょう。

強く擦らない

先ほども述べましたが舌は敏感なものになります。汚れを取りたいからといって強く擦ってしまうと舌がキズついてしまい味覚の低下や口臭の原因なる可能性もあります。

舌磨きを行なう際は優しく擦りながら汚れを取っていきましょう。

舌苔を取りすぎてもいけない

上記で舌苔は口臭の原因になると述べましたが、舌苔を取りすぎてしまうのもよくありません。

舌苔を取りすぎてしまうと身体がおかしいと異変を感じ、生体反応が過剰に反応してしまう可能性があり、余計に舌苔を増やしてしまう事になります。

舌苔が余計に増える事で口臭も余計にきつくなってしまいます。

舌磨きをする時は磨き過ぎにも注意して、軽く磨く事を心がけましょう。

1週間に数回でOK!

舌苔を取りすぎてはいけないので舌磨きをする回数も1週間で1、2回で良いと言われています。

毎日舌磨きをしてしまうと必要以上に舌苔を取る事になるので口臭の原因を自分で作ってしまう事になります。

舌磨きをする時は、特に口臭に気を付けたいという日だけ行う事をおすすめします。

舌磨きをやりすぎる事は口臭の原因になる

上記でご紹介してきた事が舌磨きの正しい方法と注意したい事です。

口臭を抑えるためにも舌磨きは大切になってきますが、舌磨きをやりすぎる事は口臭の原因にもなってしまいます。

現在、口臭対策を行なっている方は上記でご紹介してきた内容を参考にして口臭対策を行なって頂きたいと思います。