口臭予防サプリメント【臭いでお悩みの方へ】 TOP > 口臭対策 > 唾液の分泌量を増やして口臭予防

唾液で口臭対策ができる!?

唾液に抗菌作用があるのはご存知でしょうか。

この唾液の抗酸化作用で口臭を抑える事ができます。

唾液の量が少なくなると口の中の最近が増殖してしまい、それが原因で口臭を発生してしまう事があります。

起床時や空腹時、緊張時は唾液の分泌量が減ってしまうためにいつもより口臭が強くなってしまうと言います。

日中の時間帯に唾液の分泌量を増やす事ができれば口臭予防・口臭対策をする事ができます。

ここでは唾液の分泌量を増やす方法をご紹介しています。

リラックスすると唾液が増える

先ほど、緊張をすると唾液の分泌量が減ってしまうという事を述べましたが、逆にリラックス時には唾液の分泌量を増やす事ができます。

現在、口臭が気になる方や口臭対策を行なっている方は日中の時間に脳と身体をリラックスさせる時間を作るといいでしょう。

口の中に刺激を与える事で唾液が増える

歯磨きやうがいは口の中に刺激を与える事ができ、唾液の分泌量を増やす事ができると言います。

日中に歯磨きやうがいができるという方は積極的に行う事をおすすめします。

また、ガムを噛む事も唾液を増やすには効果的で口臭を抑える事ができます。

ガムにはミントなどの香り成分も含まれているので、しっかり口臭対策ができるようになります。

唾液腺をマッサージする

口の中には唾液腺というものがあります。

頬の内側を上下にマッサージしてあげる事で唾液腺を刺激する事ができ唾液の分泌を促す事ができます。

また舌を左右に動かす事でも唾液腺に刺激を充てる事ができ唾液の量を増やす事ができます。

よく噛んで食事をする

口の周りの筋肉を鍛える事で口臭予防をする事ができます。

口の周りの筋肉が衰えてしまうと唾液の分泌量が減ってしまうので食事をする際にはよく噛む事を意識して食事をするようにしましょう。

口臭対策をする上で唾液は重要

上記でご紹介してきた事が唾液の分泌量を増やす方法になります。

口臭対策をする上で唾液は重要なものになります。

日中に上記でご紹介した事ができる方は積極的に実践し、唾液量を増やすといいでしょう。